ヒールを履いた女性

副業としての風俗求人応募には注意が必要?

赤い下着の女性

昼間OLとして働いている女性が、副業として風俗店で働くと言うケースが良く見られます。デリヘルなら深夜でも営業しているため、昼間は仕事があっても大丈夫です。しかしOLが風俗求人に応募し副業したいと言う時には注意が必要です。それは会社によっては副業を禁止していることがあるからです。なぜ副業を禁止しているのか、それは本業が疎かになってしまうからです。副業に時間と労力を取られてしまうと本業に集中できなくなります。さらに副業を許していると、ライバル企業に企業秘密が漏えいしかねません。会社に副業がバレてしまうと最悪解雇となるケースがあるために注意が必要です。副業を始める前に会社の就業規則の確認を行って下さい。特に禁止していない会社なら副業が行えます。
風俗店の中には会社バレ対策を行うところがあります。副業により稼ぎが増えると、他の社員より住民税が多くなってバレると言うケースが良く見られます。風俗嬢は社員ではなく、個人事業主と言う形態になっていることが多いです。個人事業主は自分で確定申告を行うため、副業分にかかる住民税は会社と別にすることができるのです。風俗店で副業したいと言う時は面接時に会社にバレると困ると伝えておくと良いです。

ピックアップ

紫の下着の女性

風俗求人を探す際のポイント

働けるエリアで検索すると、思った以上にたくさんの風俗求人を見つけることができます。まずはどういった業種で働きたいかをしっかりと決めてからお店を探してください。一口に風俗求人と言っても自身がどのく…

金髪の女性

風俗求人でお店が熱望する女性とは

お客が好みの女性とは、若くて可愛い子と昔から相場が決まっています。それは、お店側が求める働いて欲しい女性なのかと言うと、ちょっと違います。否、そのようなエース級も必要ですが、全員がそのようなタイ…

黒い下着の女性

風俗求人ではアリバイ作りが必要です

アリバイ作りを行ってくれる風俗店は風俗求人だったら当たり前のようにたくさんあります。むしろアリバイ作りをしてくれない風俗店を見つけにくいくらいです。風俗で働く女性にとってはこのアリバイ作りは重要…

赤い下着の女性

副業としての風俗求人応募には注意が必要?

昼間OLとして働いている女性が、副業として風俗店で働くと言うケースが良く見られます。デリヘルなら深夜でも営業しているため、昼間は仕事があっても大丈夫です。しかしOLが風俗求人に応募し副業したいと…